婚活に失敗する人

婚活に失敗する人

結婚の意思はあるのに、中々、結婚できない人の中には、「そのうち結婚できるさ」とノンビリ構えて、婚活すらしていない。婚活はしているが、いい相手に巡り合えない、のどちらかでしょう。

何の根拠もなく、「自分はいつか結婚できる」とうそぶく人が10代の学生であれば、「よい恋人が出来るといいね」と慰められますが、これが、30も過ぎた人が言うのとでは、深刻度が違ってきます。

30にもなって結婚できないのは、仕事を優先してきた、趣味に没頭していた、恋愛が苦手で先送りにしていたなどの理由があるでしょう。

しかし、こうした生活をこれからも続けて行けば、出会いは永遠にないでしょう。昔であれば、親戚や近所の人が心配して、何処からか探してきてくれましたが、今は、誰でも、いつかは結婚できた時代は終わっているのです。

結婚したいなら、まず、現状を見つめることです。出会いがないと嘆く暇があったら、異性との出会いがある場所にいくことです。しかも、結婚を真剣に考えている異性が大勢いる場所に。大勢の異性がいれば、あなたにピッタリの相手と出会える確率が上がるからです。

親戚や友人が当てにならないのであれば、お金を出して結婚相談所や婚活サイトを利用して、自ら探す努力をすることです。

あなたを助けてくれるのは、あなた自身しかおりません。自分の人生を他人に依存していては、いつまでたっても結婚相手を見つけることは出来ないでしょう。

そして、求める結婚相手の条件を見直すことも必要です。分不相応な相手を求めても、青い鳥を探すようなものです。同時に、自分の魅力をもっと磨くことも大切です。相手を変えるより、自分を変えるほうが簡単だからです。


 

サイトマップ