男女の価値判断基準の違い

男女の価値判断基準の違い

合った瞬間、恋に落ちる、これを一目ぼれといいますが、その一方で、長い間付き合っているが、いつまでも友達関係で、恋人にまでいかないと言うカップルもおります。

男性が女性を判断するのは、容姿が良いか、悪いか、すなわち、美人かブスか、背が高いか、低いかなど、外見的な要素で好きか嫌いを判断しがちです。これは、年を取っても変わりません。

一方、女性は、イケメンであるか、そうでないかよりも、内面的な要素を重視し、年齢と共に、この価値判断が変化すると言われております。

10代の女性は、相手の男性をイケメンかそうでないかと外見で判断することが多いのですが、年齢を重ねるに従い、徐々に、内面的価値判断を重視するようになるそうです。

でも、若い女の子でも、しっかりした子は、イケメンの彼氏よりも、内面がしっかりした男性を探そうとするそうです。

口先は達者だが中身が伴っていない人なのか、もし、自分がこの男性と結婚して子供ができたら、私と子供を大事にしてくれるか、自分の人生を預けるに足りる信頼できる人か、ずっと優しく守ってくれる人か、周囲の評判はどうなのかなど、本能的に内面を価値判断するのです。

このため、男性は、たとえ自分の容姿に自信がなくても、内面を磨けば、高嶺の花のような素晴らしい美女をものにすることも出来るのです。ですから、外見を磨くことに時間や労力を使うよりも、内面磨きに集中させた方が、効果的なのです。


 

サイトマップ